地区

パリで最も活気ある場所、マレ地区
古き良きパリと現代の創造性が融合し、活気ある流行の中心であるマレ地区、その歴史は古く17世紀まで遡ります。石畳の通りや路地裏に隠れた中庭、そしてブティックやギャラリー、素晴らしい美術館、情緒あるカフェやレストランが数多く集まっています。

パヴィヨン ドゥ ラ レーヌの近くにはピカソ美術館、カルナヴァレ美術館などの美術館、ブティックの集まるフランブルジョワ通りがあり、そしてバスティーユ広場やバスティーユのオペラ座へも足を延ばすことができます。

 

   フォトギャラリー